IT機器においてパソコンのモニターは応答速度

残像を利用したアート作品があると聴いたことがあります。文字を表示したり、絵を表示したりすることが出来るようです。通常残像はあまりよいものとはされません。パソコンを使っていても、マウスなどにおいて残像が残ることがあります。遅く設定している場合に起こるものです。マウスの軌道を知りたいときは、わざと残像を残すこともありますが、さくさく動作させたいときにはさっと移動させる方が気持ちよいです。画面の切り替わりなどにも影響してくることになります。

テレビなどでも残像が気になることがありますが、IT機器におけるパソコンでも残像が出ることがあります。モニターの性能によって変わることになります。パソコン本体の処理速度は速いのですが、出力側が対応しきれていないのです。事務的な作業においてはそれほど気にならないと思いますが、ゲームであったり、映像ではところどころで気になってくると思います。スピード感のある映像において、その端の辺りに少しずつ残ることがあるのです。

こちらに関しては、一つには基本的な構造から選ぶことがあります。最新技術であれば、最も気にならずに利用することができます。そして古い技術だと、場合によっては気になることもあります。最新技術を利用したものは、それなりの値段がします。そこで中間的な技術において、補助的な技術が使われているものを探してみます。出力の方式としては既に前からある技術なのですが、表示の処理を速める仕組みが搭載されているものがあります。

おすすめ記事