IT機器においてモニターは用途によって選ぶ

ぴかぴかに磨いたりすると、鏡のように自分の顔が映ることがあります。それぐらいきれいに磨かれると非常に気持ちが良いものです。元々きれいであったものが、指紋などが付くことによって汚れることがあります。そういうときは、磨くことによってきれいにすることができます。乾いた布を利用することもありますし、専用のスプレーなどを利用することもあります。安易にガラスクリーナーなどは利用しないようにします。問題が発生することもあります。

IT機器を利用するに当たって、モニターにおいてもきれいに磨いて利用することがあります。自宅において、主に映像を楽しんだり、写真、インターネットなどを楽しむなら、きれいな画面の方が良いです。手で表面を触ると、つるつるになっているのがわかります。磨けば磨くほどきれいになって、何も表示されていない真っ黒の状態のときは顔が映りこむこともあります。あまりきれいだと問題もあります。蛍光灯などいろいろなものが映りこんでしまうことがあります。

データ処理など、作業をうするのであれば、画面に余計なものが映るのは作業の妨げになることがあります。その場合は、あまり光沢のないものを選ぶことがあります。光沢があるものに関してはグレアと呼ばれています。また光沢がないものに関してはノングレアと呼ばれています。ノングレアでも映像などを楽しめないわけではありません。しかし、比較をしてしまうと、美しさに差が出てきます。自宅などではそれほど映り込みが気にならないこともあります。

おすすめ記事