液晶テレビをモニターにしてIT機器の中心に位置付ける

モニターやテレビには映像入力インターフェースが備わっています。ブルーレイレコーダーやパソコンなどと接続するときにこれらの入力端子を使用します。映像入力インターフェースといっても、いくつもの種類があります。つなげたい機器と接続できる入力端子が備わっているかが重要になります。あと入力端子の数も大切になります。同じ端子で複数の接続を希望する場合はチェックしなければいけません。例えばテレビは今は液晶テレビになっています。原理はパソコン用のディスプレイとあまり変わりません。液晶テレビには少し前のパソコンとの接続に使われるD-Sub15ピンや今のパソコンの接続に使われるHDMIなどを備えているものが多くあります。HDMIはパソコン以外にも対応するIT機器を接続することができます。パソコン用のディスプレイじゃなくても液晶テレビをモニターにしてIT機器の中心に位置付けることで家の中のITの中核とすることが可能です。

D-Sub15ピンは映像だけ、HDMIは映像と音声を同時にデジタル信号で伝送することができます。ブルーレイレコーダーやハイビジョンのビデオカメラなどもHDMIでつなぐことができるようになっています。DisplayPortという新しいインターフェースも登場してきています。HDMIやDVIでは想定されていなかった超高解像度での表現も考えられています。これは新しいのでまだ液晶テレビには搭載されていない場合が多いです。

おすすめ記事